【2021年転職者必見】海外転職で失敗する人の特徴3選

WORK

どうもこんにちは。ECHO(えこー)です。

私はベトナムにある日系IT企業に現地採用として就職し、3年半になります。
幸い仕事はうまく行っていますし、超高層マンション(激安)に住んだ経験もありますし、現地で素敵な女性を見つけて結婚することもできました。

正直、海外転職に失敗はしていないと言ってもいいと思っています。

しかし、これはあくまで一例で「海外転職に失敗して帰った人」を数え切れないくらい見てもきました。

今回はそんな海外転職に失敗して帰国した人の特徴についてお話します。
これから海外転職に挑戦しようと思う方の参考になれば嬉しいです。

海外転職で失敗する人

今回私の経験上、海外転職に失敗する人の3つの特徴を紹介します。

この記事のサマリ

  • とにかく現地の情報を集める
  • 海外生活や海外就職への憧れは一旦置いて落ち着いて考える
  • 現地の人を見下す人は海外就職に向いていない

現地の生活環境をよく知らない人

一番多いと思う失敗原因が、現地の生活を全く想像せずに転職してくる人だと思います。
特に海外旅行にあまり行ったことがない人や、海外生活のキラキラした部分だけをイメージしている人が失敗していくことが多いです。

  • どういう地域・家に住むことになるかイメージできていますか?
  • どういうご飯を食べて生活するかイメージできていますか?
  • 困ったことが起きても自分で解決できる、または助けてくれる人はいそうですか?

思わぬところがストレスになったり、「日本でできていたことができない」なんてことは日常茶飯事です。
少しでも自分のイメージと現実のギャップを埋めるために、できれば現地に一度行ってみることをおすすめします。

この記事を書いている2020年11月時点では海外旅行が制限されて現地に滞在するのは厳しいですが、現地滞在者や経験者からの情報収集は必ずしましょう。

もしホーチミンに転職を考えている場合は、私でよければ無料相談も可能ですのでTwitterでDMください^^

職場環境・仕事内容をよく知らずに入社した人

海外転職失敗の原因で、「職場環境や仕事内容をよく知らなかった」というのも多いです。

これは「きちんと説明していなかった」という雇い主側の問題であるときもあるのですが、転職者側の問題であるときもあります。

日本を出たい、海外に住みたい、海外で働くのカッコいいという思いが先行して、仕事場の環境や業務内容、企業側の思惑・方針をしっかり理解せずに飛び込んでくると

あれ、想像と違う。なんで今この仕事しているんだろう?日本で働いているのと代わりないんじゃ?

なんてことになります。
転職を決める前に一旦落ち着いて考えてみましょう。

  • 転職先のビジネスモデルは理解していますか?
  • 転職先の求めるスキルを持っていますか?
  • 転職先の数年後までの事業計画は理解していますか?
  • 取り巻く環境は日本人ばかりですか?それともローカルの人?外国人?

特に海外就職に憧れを持っている人は要注意です。

  • 営業先・取引先は日本の企業ばかり
  • 同僚は日本人ばかり
  • 社内言語は日本語

いざ入社してみたらこんなかんじで、「あれ、ここ日本じゃん」って思うことがあるかもしれません。
実際に私の知人がこの理由により入社半年で帰国しました。

また、別の人は企業側の期待値に満たないスキルしか持っておらず、本人も向上させることができずに止む無く退職した人もいます。

転職先の仕事内容・スキル要件、数年後の事業計画、職場環境はしっかりと把握して自分自身が納得しておきましょう。

現地の人を見下す人

これはごく少数ではあるのですが、現地の人を見下す人も失敗します。

一例をあげると以下のような発言をする人です。

  • 〇〇人はまじで使えない
  • 〇〇人は全然こっちの話を理解しない
  • 〇〇人は信用できない
  • 〇〇人に任せるとこっちの仕事が増える

こういう発言をする人って大体日本でも同じようなこと言っているんだろうなーと思います。

原因は色々あるとは思うのですが、大体は本人の能力の低さにあると思います。(マウントを取って優位に見せたがるやつ)
自分で改善する意思がなく、結局耐えられずに帰国する人を見てきました。

現地の人 < 日本人 と思っている人は海外転職しないほうがいいです。
ローカルスタッフと関係が築けず、仕事もうまくいかなくて必ず失敗します。

あなたはどういうマインドでしょうか?

海外転職を失敗しないために

海外転職で失敗しないために、まずは現地・職場を実際に見る、または情報を集めることをしてください。行動すればより現実が見えてきます。

憧れだけで海外転職しようとすると後悔してしまうかもしれないです。
しかし、海外就職というのは、日本では経験できないことがたくさんある素晴らしい選択でもあると思います。

そして私はあなたの選択を応援していきたいと思っています。
もう一度言いますが、まずは行動です。

もし未経験業界に転職しようと思っている人はこちらの記事を参考にしてみてください。